本格的なダニ退治をするなら業者に任せましょう

作業者

業者の力で家を守る

住人の健康をネズミから守りたい時は、ネズミ駆除業者を招いて害獣を撃退しましょう。ネズミ駆除の方法は多様に選択できます。専門業者であれば室内に出るネズミを特定した上で効率的な駆除に乗り出してくれます。まずは業者に被害状況を調べてもらいましょう。

ねずみ

ねずみを退治するなら

ねずみ駆除は一回ごとに料金がかかるケースと、その後のアフターフォローがサービスでついている場合があります。もちろん後からねずみが出てきた場合などを考えればフォローがあったほうが良いですが、一度で駆除できた場合は一回ごとのほうがお得です。

ハチ

最も身近で危険な害虫

ハチの早期発見のためには、日頃から周囲のハチの飛来を観察することをおすすめします。巣が見つかったら、近寄らずハチ駆除業者に任せましょう。業者の作業はノウハウを持つプロの専門スタッフによるため効果的で、薬剤も高い安全性のものを使うため安心です。こうした評価が高まり、依頼数も増加しています。

犬のダニの退治

女性

犬にダニを見つけたら

犬のダニ退治はその犬の飼い主としてはかなり気を使うところでしょう。我が家の犬も屋外と屋内を行き来しているのでダニを見つけることは数多くあります。草むらなどに長くいると必ずダニが引っ付いてきます。そんな時のダニ退治ですが、私は基本ダニ退治は見つけた時点でまずそのダニを皮膚からはがし潰します。その後、ダニが噛みついていた箇所に傷が酷いようなら抗生剤軟膏を塗布して様子を見ます。数匹のダニならこの単純なダニ退治で問題ありませんが、季節がダニの発生しやすい夏だったり3匹以上のダニを見つけてしまうと、滴下用のダニ駆除薬で本格的にダニ退治をした方がよいと思います。目に見えないくらいの小さなダニがいる可能性もあるので尚更です。

薬剤を無駄にしない

ダニ駆除薬の使用説明書には被毛をかきわけて直接皮膚にふれるように滴下すると書いてありますが、私は毛自体をハサミでよいので短く刈り込んでしまいます。見た目は少し格好悪いですがダニ退治の薬を確実に皮膚から吸収させるためです。ダニ退治で失敗するのは薬自体が効かなかったというより恐らく吸収面での不備と思われます。きちんと皮膚面に薬剤が滴下されれば効果は1〜2日で現れてくると思います。あと、薬剤滴下によりダニが死んで床に落ちるので屋内で飼っている人はその後コロコロなど粘着性テープを使うなどして死骸を掃除しないと不衛生でアレルギー発症の原因にもなりかねません。さらに、もし生き残ったダニがいた場合にはまたダニが増えてしまう可能性もあります。徹底的なダニ退治を望むのであれば、動物病院で強力な薬をもらうと良いでしょう。また、室内のカーペットや寝具などに潜んでいるダニも、アレルギーの原因になります。犬のダニ退治とあわせて、害虫駆除の専門業者に依頼しておくと安心です。住居全体の駆除を行なうことで家族を守ることができます。